FC2ブログ

2008年11月

特注家具屋のいろいろな話をつづります。特注家具屋はなんでもできます。もっと活用してください。
先の展示会で好評だったLEDインテリアライトをまたご注文があったので作りました。

ライト1
なんとこの光本物のろうそくの炎のように吹き消せるんです!!
息をふっと吹きかけると点いてもう一度吹きかけると消えるんですよ~えぇ

近くでパンっと手を叩いても消えます!

テーブルをコンコンって叩いても消えます!

しかも光は本物のろうそくの炎のように
ゆらゆらと揺れてるように点灯します。

ライト3

本体はタモの無垢材を使用しています。

塗装はリボス社の天然オイルですから使い込むうちに
なんとも言えない艶が出てくるでしょう。

ライト4

Barの入り口に置くそうです。
ウェルカムキャンドルみたいな感じかな?

ライト6

大きさは4.3cm角で大きいのから高さ10cm、8cm、6cm、4cm。

4個で1セット ¥5250(税込)です。

モン・シュシュでも販売中です。

スポンサーサイト



御殿場にあるお寺のお仕事です。

1.11
まずは台輪(幅木)を水平に取り付けて家具を乗せて上の家具と下の家具をくっつけます。
そして家具が垂直かどうか見ます。
今回はリフォームなのでちょっと壁が悪いみたいです。
(古いお宅では木が痩せたり地盤の変化によって多少傾きがあります。)
こーゆー時はパッキンを入れて調整します。
1
そしたら今度は横のチェストもくっつけます。
1.11
そして吊戸を同じようにくっつけます。
1.2
写真と文章では簡単そうですが、壁や床が悪いと調整するのに苦労します。
壁か床どちらかが垂直か水平ならやりやすいのですが両方悪いと
基準をまず作ってから調整をしていくので普通の倍以上の時間がかかります。

家具が全部くっついたら後は天板を現場に合わせてカットします。
1.3
壁の矩を見ながら寸法を測ります。
後ろと前で2mm違います。
1.4
バッチリ綺麗に納まりました!!
1.5
壁の隙間もなくぴったりです!
あとは壁との隙間をフィラー材で埋めていくだけです。
これが一番時間がかかるのですが・・・。
まずは隙間を測ってフィラーを削ります。
この時台形に削り、隙間より0.2~3mm大きくします。
1.8
そうする事で隙間なくぴったりとハマるんです。
これが取り付けの技術です。
1.7
1.9
この日は天井まで2400mmの間で10mm違いましたが、隙間なくぴったりとハマりました!
気持ちいいーーーー!!!

後は取手をつけて完成です。
1.10
すっかり遅くなってしまいました。

右の大きな扉は垂直フリッパードアと言って扉が中に収納する事が出来るんです。
ここはお仏壇が入るのでこのような扉になってます。

ファースト工芸の家具達はこちら


今度の仕事は神奈川は真鶴の別荘の特注家具です。

その打ち合わせに行って参りました。

静岡からは東名で沼津までそして熱海を抜けて真鶴へ。

2時間くらいで着いちゃいます。意外と近いかな?

真鶴1
現場へ着いてびっくり!!!
なんとプライベートビーチがある別荘じゃあーりませんか!

しかもホテル並みにでかい!客室が8部屋あるみたいです。
中の作りも凄いですね~!
ほぼガラス張りで景色が見渡せちゃいます。
真鶴2
夕日がめちゃめちゃ綺麗でした。
真鶴3
帰る頃にはすっかり暗くなってしまいました。

これは気合いを入れて作らねば!

また出来上がりを載せるので期待していて下さい!

ファースト工芸の家具達はこちら


 | Copyright © 特注家具屋のお話。 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ